お迎え準備編

犬を飼うのに必要な費用はいくら?一生涯にかかる費用のリスト

トイプードルのぽこ

こんにちは!ぽこぽこです。

この記事では前回の記事に続いて犬を飼い始めてから毎月かかる費用および毎年かかる費用をリスト化しました。

これから犬を飼おうと思っている方はぜひ参考にしてください。

コロナ禍でペットの需要が増えている一方で飼い始めてからこんなはずじゃなかったや思ったより大変と購入後すぐに動物保護団体に保護を求めるケースが増えているようです。

犬を飼い始めてから毎年必要な年間費用

以下では、犬を飼い始めてから毎月必要となる費用および毎年コンスタントにかかる費用を一覧リスト化しました。体が大きい分、エサ代にしても医療費にしても、大型犬の方が毎月の出費が多いという特徴があります。体重10kg未満の小型犬の場合、年間最低でも9~53万円、体重20~40kgの中大型犬の場合12~74万円超のコストがかかると見積もるのが妥当です。

小型犬の年間飼育費用
内容費用備考
ドライフード12,000~36,000月1,000~3,000円として
ウェットフード73,000~36万円1日200~1000円として
おやつ1~3万円月1,000~2,000円として
おもちゃ1~3万円月1,000~2,000円として
その他の消耗品2~5万円必需品の買い替えなど含む
狂犬病予防接種3,500円注射済票の交付料込み
ワクチン接種5,000~1万円年1回・種類で変動
健康診断5,000~2万円内容や地域で変動
ノミダニ予防薬12,000~18,000円12ヶ月行うとして
フィラリア予防薬5,000~1万円7~8ヶ月行うとして
合計9万~53万円犬の購入費用は除外
中大型犬の年間飼育費用
内容費用備考
ドライフード24,000~11万円月2,000~9,000円として
ウェットフード18~55万円1日500~1,500円として
おやつ24,000~36,000円月2,000~3,000円として
おもちゃ1~3万円月1,000~2,000円として
その他の消耗品2~5万円必需品の買い替えなど含む
狂犬病予防接種3,500円注射済票の交付料込み
ワクチン接種5,000~1万円年1回・種類で変動
健康診断5,000~2万円内容や地域で変動
ノミダニ予防薬18,000~24,000円12ヶ月行うとして
フィラリア予防薬1万~16,000円7~8ヶ月行うとして
合計12~74万円犬の購入費用は除外

食費・おやつ

ドライフードの場合、安いものであれば小型犬で1ヶ月1,000円程度、大型犬でその2~3倍になります。プレミアムフードや療法食などを選んだ場合は費用がさらにその2~3倍になりますので、ドライフードを選んだ場合の年間の食費は小型犬で12,000~36,000円、大型犬で24,000~110,000円といったところです。
ウェットフードの場合、ドライフードよりも割高なため1日数百円の食費がかかります。単純計算すると、1日200円だと年間7万3千円、300円だと10万円超、500円だと18万円超、1,000円だと36万円超になります。
おやつの種類は色々ありますが、安いものであれば毎月1,000円程度で済みます。近年は犬の食いつきがよいおやつがたくさん出回っていますので、さすがに月1,000円で抑えることはできないかもしれません。おやつの費用は年間で最低でも12,000円を見積もったほうがよいでしょう。

ドッグフードについて

おもちゃ

 犬が口にくわえてガジガジするタイプのおもちゃは消耗品ですので、毎月補充する必要があります。ぬいぐるみ、骨型、ロープ、フリスビーなどいろいろありますが、それほど高価なものはありませんので、月1,000~2,000円もあれば足りると思います。おもちゃの費用を年間に換算すると12,000~24,000円程度です。

その他の消耗品

 必需品とまでは言えないもののあったほうがよいアイテムがいくつかあります。具体的にはフィーダー、フードストッカー、ペット用のシャンプー用品、ウェットティッシュ、コロコロ、空気清浄機などです。

狂犬病予防注射

 狂犬病予防法(第一章の第五条)により、犬の飼い主は毎年1回、狂犬病の予防注射を受けさせる義務があります。初年度と同様、「集団接種」もしくは「個別接種」によって注射を受け、獣医師から注射証明書を受け取り、市区町村に提出します。注射費用と「注射済票」の交付手数料を合わせると3,500円程度です。

混合ワクチン接種費用

 免疫力を高めるために行われる初年度の2~3回のワクチン接種の後、免疫力を持続させるため2年目以降に行うブースター接種に関しては、年に1回が慣習になっています。しかし世界的には「3年に1回程度」という流れになっていますので、どうしても毎年接種しなければいけないというわけではありません。近年は「犬用ワクチチェック®」(VacciCheck)のように病院内で抗体価を検査するチェックツールも開発されていますので、注射する代わりに血液を検査するという選択肢もあります。
ブースター接種は近くの動物病院でいつでもできます。料金は5~6種混合ワクチンが1回5,000~7,500円、8~10種が1回5,000~10,000円程度です。「コアワクチンだけで十分」という場合はこれよりも安くなる可能性があります。

フィラリア予防薬

 フィラリア症とは、蚊に刺されることで毛糸のような細長い虫(フィラリア)に感染し、血液の流れが悪くなって心臓への負担が増えてしまう病気です。最悪の場合は死んでしまいますので、飼い主はフィラリア症を予防するための薬を投与する必要があります。
フィラリア予防薬は非常に多くの種類が出回っており、小さい錠剤タイプ、皮膚に垂らして吸収させるスポットタイプ、味がついて食べやすい形に成形したチュアブルタイプ、薬剤を直接体内に注入する注射タイプなどがあります。

ノミ・ダニ予防薬

 犬の被毛は体の小さなノミやダニにとってかっこうのベッドです。しかし噛まれた部分がかゆくなったり、排出したフンがアレルギーの原因になったりと、犬にとっていいことは何もありません。また、ノミやダニが室内で繁殖すると、飼い主のベッドなどにも侵入してしまうため、室内を衛生的に保つためにも、犬のノミ・ダニ予防は重要となります。

犬の一生涯にかかる費用

 犬の一生にかかる飼育費用はいくらくらいになるのでしょうか?飼い始めにかかる費用と毎年かかる費用を元にして計算してみましょう。
例えば子犬の頃から飼い始めて小型犬の寿命を15年と仮定すると、小型犬の一生にかかる生涯飼育費用は130~750万円になります。同様に、大型犬の寿命を10年と仮定すると、大型犬の一生にかかる生涯飼育費用は115~670万円になります。たいていは必須アイテムの買い替え、および病気や事故による臨時の出費がこれに加わりますので、あくまで最低費用とお考えください。

その他臨時で必要な費用

 以下では臨時で必要となる出費について解説します。トリミングや家具の修繕費用など、急を要さないものもありますが、緊急手術など一刻を争う事態も想定されます。飼い主としてはある程度経済的に余裕を持った状態で犬を飼いたいものです。

トリミング費用

 トリミングとは犬の被毛をカットすることで、料金は地域やお店でまちまちですが、おおよそ5,000~10,000円程度です。自分でできないことも無いですが、失敗を避けるために多くの人はプロに依頼します。
特に被毛が長く伸びるトイプードルやヨークシャテリアなどの犬種で必要となり、また、犬種にかかわらず、夏場は被毛の中にたまりがちな熱い空気を換気しやすくするため、「サマーカット」(パピーカットとも)と呼ばれる短めのトリミングがなされます。

しつけ教室費用

 しつけ教室とは、犬のしつけを代行してくれるサービスのことで、料金はセッション回数や期間によって左右されます。しつけの時間がない、しつけの仕方が分からない、しつけても犬がよい反応を示してくれない、など、様々な理由で利用されます。

ペットシッター・ホテル料金

 仕事や旅行などで長期間家を空けなければならない状況があるかもしれません。犬を放置して何日も家を留守にする訳にはいきませんので、帰宅できない期間が犬の限界を超えるようであれば誰かに世話をお願いする必要があります。犬に詳しい友人や知人がいれば無料で引き受けてくれるかもしれませんが、そうした人が身近にいない場合は料金を払って世話人にお願いする必要があるでしょう。
自宅に来てくれるペットシッターに依頼した場合、食事の世話、トイレの掃除と取替え、退屈しのぎの遊び相手、散歩などが主なサービス内容となり、1頭1回3,000円~5,000円以内のところが多いようです。小型犬のほうが少し安くなります。犬を家の外にあるペットホテルに預ける場合、小型犬なら1頭1泊3,000円~5,000円、大型犬なら4,000円~7,000円が目安です。宿泊日数が増えるほど割安になっていくところもあります。

病気や怪我の治療費

 犬が交通事故にあった、高いところから飛び降りて足を骨折した、腹部にしこりが見つかった、などなど、急な病気や怪我の危険性は常に存在しています。お金に余裕が無くて手術が手遅れになった…などという事態に陥らないよう、飼い主はある程度の資金的余裕を持っていたいものです。料金は病気や怪我の内容によりけりですが、アニコム損保が2020年に公開した最新の統計データによると、10kg未満の超小型~小型犬の年間平均医療費は42,287円、10~20kgの中型犬は54,270円、そして20kg以上の大~超大型犬は55,934円となっています。ワクチン、フィラリア、ノミダニ薬など予防薬にかかった費用は除外済みです。

ペット保険料金

 飼い主の医療費負担を減らすため、ペットにも「ペット保険」というものがあります。犬の体の大きさによって変動しますが、1ヶ月3,000~4,000円が相場です。

まとめ

犬は一生を共にする家族の一員です。

衝動買い(飼い)する前に飼育費用をしっかりとシミュレーションしておきましょう。

最後に愛犬家の皆様ならご存じだと思われます犬の十戒です。
犬の十戒(いぬのじっかい The Ten Commandments of Dog Ownership)とは、作者不詳のまま広く世界に伝わっている英文の詩で、日本では「犬の十戒」として知られています。実際には原典があり、ノルウェーのMrit Teigenというブリーダーが犬の買い手に渡している「犬からご主人への11のお願い」が元となっているそうです。


わたしの寿命は、10年。長ければ15年。
何があっても最後まで、あなたのそばにおいてもらえますか。
私を飼う前に、どうかそのことをよく考えてください。



あなたが私に望んでいることを、
ちゃんとわかるようになるまで少し時間をください。



私を信頼してください…それが何より嬉しいのです。



私のことをずっと叱り続けたり、罰として閉じ込めたりしないでください。
あなたには仕事の楽しみもあるし、友達もいるけど私には…あなたしかいないのです。



時には私に話しかけてください。
たとえ、あなたの話す言葉はわからなくても、
あなたの声を聞けば、私に何を言ってくれているのか、分かるのです。



私のことをいつもどんな風に扱っているか、考えてみてください。
あなたがしてくれたことを、私は決して忘れません。



私を叩く前に思い出して下さい。
私には、あなたの手の骨など簡単に噛み砕ける歯があるけれど、決してあなたをかまない様にしているということを。



言うことをきかないとか、手におえないとか、怠け者だと叱る前にそうさせてしまった原因が無かったか、思い起こしてください。
ちゃんとした食事をさせてもらっていたでしょうか?
太陽が照りつけている中に、長い間放っておかれたことはなかったでしょうか
老いた私の心臓が弱っているせいで、動けないのかもしれません。



私が年老いても、どうか世話をしてください。
私達はお互いに、同じように歳をとるのです。


10
最後のお別れの時には、どうか私のそばにいてください。
「つらくて見ていられない」とか「立ち会いたくない」とかそんなこと、言わないでほしい。
あなたがそばにいてくれるなら、私は、どんなことも安らかに受け入れます。
そして、どうか忘れないで。
私がいつまでもあなたを愛していることを。

 

ABOUT ME
ぽこぽこ
会社員をしながらブログ運営をしています。愛犬ぽこの飼育をして気づいた情報を発信していきたいと思います。