お迎え準備編

ジョイントマットの敷き方

実際の作業工程を写真と共に解説していきます。

まず初めに新しいジョイントマットの表面は滑りやすいのでアルカリ性の洗剤か中性洗剤で表面をきれいにしましょう。たとえばセスキの炭酸ソーダなど

セスキ炭酸ソーダスプレー(530ml)/ ロケット石鹸

価格:281円
(2021/1/13 01:11時点)
感想(0件)

こんなのでも大丈夫です。

洗剤

敷き方 | 手順1 ▶ かんたんな設計図を作る・できあがりを考える


・単色で敷き詰める
・部屋の一角のスペースに四角く敷き詰める(家具などの障害物もなく、柱も出っ張っていない)
上記のようなケースは難しいことは考えなくても、さほど問題はないでしょう。
2色を組み合わせたい時はどう敷き詰めるか、デザインをあらかじめ決めておくと、後々迷う事がなく作業がサクサクと進みます。
敷き詰めたい場所に家具がある時には、家具の下にもマットを敷くかどうかを考えておきましょう。
ジョイントマットはクッション性があるので、重い家具を上に置くと、へこんだり変形したりします。
安定性も悪くなり危険も伴いますので、たいていの場合は敷き詰める必要はないでしょう。
出入口付近もドアの下の隙間によってはジョイントマットが引っ掛かりますので確認します。
必要な枚数を調べるにはこちらのサイトが便利です。

作業に入る前に準備するもの

 1.大きめのカッターナイフ・・・刃が大きいほうが作業しやすいです
 2.定規・・・余分な部分をカットするのに使います
 3.カッティングシート・・・カッター使うときに床にキズをつけないように下に敷きます
 4.油性マジック・・・切る前にカットするラインを書き込むのに使います
 5.はさみ・・・細かい作業にははさみのほうが小回りが利く場合もあります

敷き方 | 手順2▶ 設置スペースに家具があれば移動する

高さのある家具の下にジョイントマットを敷くのはあまりおすすめできません。
ただしソファやベッドなど、倒れそうもない家具なら下に敷いても問題はないでしょう。
ベッド下などにも敷き詰めたい時は、さらなる防寒の効果を期待するといった目的で行います。
設置スペースに家具がレイアウトされている時は、次の手順のために一旦他の場所に移動させましょう。

敷き方 | 手順3▶設置する場所の床掃除をする

ジョイントマットは簡単にはがせていつでも床面のお掃除ができますが、たいていは忙しい毎日の中で実際にはそう頻繁にできることではありません。
一度敷いたら、ひと月くらいはそのままになることも考えられますので、まずは床面を綺麗にお掃除しておきましょう。
ゴミを取り除き、できれば拭き掃除を。そして拭き掃除後はよく乾燥させておきましょう。
ジョイントマットは気密性が高く湿気が逃げにくいので、カビの温床にならない様に気を配りましょう。

敷き方 | 手順4▶とにかく敷き詰める

ジョイントマットを連結して敷いていきます。
連結したあとでも動かすことはできるので、ここはサクサクと作業をしていきましょう。
カットしなくてもいい部分を先に敷き終わった状態です。

敷き方 | 手順5▶余分な部分をカットする

ジョイントマットを壁につけて設置しなくてもいい場合は、サイドパーツを取り付けます。
サイドパーツは取り付けなくても問題はありませんが、凸凹のままだとどうしてもゴミやホコリがたまりやすくなります。
 
部屋全体に敷き詰めたい場合や、壁から壁にぴったりと敷きたい場合、隙間ができることが多いと思います。
ジョイントマットを隙間のサイズに合わせてカットして、床が見えている部分を埋めていきます。
直線部分は定規とカッターナイフを使用し、曲線部分や細かい部分ははさみを併用しながら作業を進めます。
場合によってはかなりカットしたパーツが出るかもしれませんが、今回使わなかったパーツは保管しておいてください。
後々、使うことがきっとあります。
ジョイントマットは素材の特性上細かいカットをするのは非常に難しいです。
ガタガタになりやすいですし修正もほぼできません。
カットするときは一気に力を入れてください。くれぐれもケガには気をつけて
実際に測った寸法より1ミリぐらい小さめにカットしたほうが良さそうです。
あくまでも個人的感想です。
ABOUT ME
ぽこぽこ
会社員をしながらブログ運営をしています。愛犬ぽこの飼育をして気づいた情報を発信していきたいと思います。